横浜のマンション改修で感じたこと

横浜でマンション改修を行う場合に気を付けなければいけないこと

新築マンション購入して初めての改修工事改修工事が始まるまでの片づけや準備足場の影響でコインランドリー通い横浜でマンション改修を行う場合に気を付けなければいけないこと

横浜は日本でも有数の巨大都市であり、転入者も多くなっている地域です。そこには当然に神奈川県ではない地域もあり、外国の場合もあるでしょう。このような現状から、マンション改修を行う際には困難を伴う場合があって、その担当者は注意しなければいけないことがあります。 私は横浜にある中規模の分譲マンションの管理組合で働いていますが、そこで外壁の耐震工事と老朽化したエレベーターの修繕が行われることになりました。この工事に関しては事前に全ての住人から同意を得ていたので開始そのものは特に問題は無かったのですが、いろいろな地域から来ている住人がいるということで工事の進捗に支障を生じる場合があって、とても困ったのを覚えています。 マンション改修で外壁工事を行う場合には足場を作って作業者の移動手段を確保したり、ゴミが飛散しないように網目状のカーテンを設置する場合があります。その際にベランダに私物があると工事の邪魔になるので事前に取り込むように知らせていたのですが、多くの部屋でそのままの状態にされていました。そのまま工事をすると傷付けたり塗料などが付着するので注意喚起のために各住居に直接出向きましたが、不在者が多くて順調に進められません。連絡が取れても遠方にいて対応できないという人もいて、勝手に入ることもできないので、作業者にはできる限り現状を維持して工事をしてもらうように要請しました。